専門クリニックで手術を受ける【痛みが少なく安全性の高い中絶手術】

望まない妊娠をした人に

診察

行う目的を知ろう

中絶手術とは、胎児を人工的に流産させる手術のことをいいます。中絶手術を行う人の目的は様々ですが、基本的には母親の都合で行うことができます。レイプや強姦などで望まない妊娠をした人や障害が見つかり育てる自信がない人、夫婦間でも子供を望んでない場合や育てられない場合、母親の体を守る場合など、中絶手術の目的は様々です。中絶手術は妊娠12週より前かどうかで行う手術の種類は異なります。12週より前の場合は?爬術といって、子宮の中身をかきだす手術を行います。子宮を広げて、中にいる胎児と胎盤をかきだして手術を完了させます。部分麻酔で行うことが多く、手術時間はごく短いので日帰りで手術が可能です。また12週より前の場合は吸引法といって胎児を吸引するという方法もあります。週数が大きいと難しいので、週数が小さい場合に適応されます。12週より大きく22週より前の場合は人工的に陣痛を引き起こして出産させるという形をとります。母体への負担が大きいので数日の入院が必要です。22週よりも後になった場合は中絶手術をすることはできなくなります。中絶手術は保険がきかないので、週数が進むほど経済的な負担は大きくなります。母体への負担も大きくなるので、決断するのならば早い方がよいです。また病院によりできる手術の方法が異なりますし、万が一があった時の対応も差があります。大きな病院と連携しているかなども考慮して慎重に病院を選ばなければなりません。