専門クリニックで手術を受ける【痛みが少なく安全性の高い中絶手術】

妊娠からの期間による違い

診察券

治療か出産か

妊娠は夫婦によってはかなり苦労することもあります。ただ妊娠にもいろいろあり、必ずしも希望する妊娠にならないときもあります。また妊娠自体は希望していたものの、こどもの状況や母体の状況から妊娠を継続するのにふさわしくない状態の時もあります。この時の選択肢としてあるのが中絶手術になります。まず行えるのは妊娠22週未満までになります。それを過ぎると子供の母親、父親などの意思での手術はできなくなります。医師の判断で行うことはあります。妊娠には初期と中期があります。厳密にいえば子供の成長はそれぞれ異なるのでしょうが、細かく判断するのは非常に難しいです。そこで妊娠12週未満を初期、22週までを中期として別の方法で中絶手術を行います。初期に行われる中絶手術は、ソウハ法か吸引法になります。子宮から子宮の内容物をかきだす方法になり、時間としては10分から15分程度になります。痛みや出血が少ないケースが多く、その日のうちに退院できることもあります。妊娠12週を超えるときの中絶手術は子宮の中身を取り出すのではなく、人工的に出産を促して子宮の中身を取り出す方法になります。子宮収縮剤と呼ばれるものを体内に入れて人工的に陣痛を起こすと、子供が産道を通って外に出てきます。つまりは人工的な流産による措置になります。体への負担がそれなりにあり、数日の入院を要することが多くなります。初期の段階で行った方が体への負担が少なく、将来の妊娠のためにも早めの判断が必要と言えます。