専門クリニックで手術を受ける【痛みが少なく安全性の高い中絶手術】

時期と同意に気をつけよう

診察

後悔しないように

東京には中絶に対応している医療機関は複数ありますが、母体保護法という法律に基づき全国一律のルールが適用されます。母体保護法指定医しか中絶をすることはできませんので、東京で中絶をするところを探す際には指定医のいる適法な医療機関を探すよう気を付けてください。母体保護法で気を付けたい重要なルールとして、人工妊娠中絶が受けられるのは妊娠して22週未満であること、本人と相手の同意があることが定められています。22週を過ぎてしまうと中絶ができなくなりますので、時期には気をつけなくてはなりません。特に望まない妊娠のケースで相手と音信不通になっていたり、相手からの同意書の取り付けがスムーズにいかないような場合は東京で中絶できる時期を超えてしまわないよう気をつけましょう。東京で時期的に問題ない場合でも、妊娠からの時期により中絶法が異なります。12週未満の場合はかき出し法や吸引法が用いられ、静脈麻酔を使って行い、手術時間は通常10分から15分ほどで特に容態に問題がなければ、その日のうちに帰れる日帰り手術が可能です。一方で、12週以降は人工的に陣痛を起こさせて流産をさせるという方法がとられます。手術を受ける本人の体への負担も大きいため、通常は数日程度の入院が必要になります。中絶には健康保険もきかないため、入院費用など全て自費となりますので費用面でも気をつけなければなりません。また、12週以降は役所への死亡届の提出や埋葬許可証も取得しなくてはならないので気をつけましょう。