専門クリニックで手術を受ける【痛みが少なく安全性の高い中絶手術】

診察

望まない妊娠をした人に

中絶手術とは人工的に胎児を流産させることです。目的は様々ですが、母親の都合で決めることができます。妊娠12週より前かどうかで方法は大きく異なり、経済的負担や母体への負担も大きく変わります。早い方がいずれの負担も軽くなります。

詳しく見る

吸引法は安全性が高いです

看護師

安全性の高い手術を行う

妊娠を経験する女性が多いですが、健康上や経済的な理由で出産をするのが難しいケースもあります。東京の専門クリニックでは、痛みが少なく安全性の高い中絶手術を行っているので、まずは診察を受けてみると良いでしょう。中絶手術には吸引法やソウハ法などがあります。吸引法は胎児や胎盤を吸引する方法ですが、ソウハ法に比べると子宮内膜を傷つけにくく、麻酔や手術の時間を短縮できるなどのメリットがあります。妊娠を継続するのが難しい場合は、なるべく妊娠3か月までに中絶手術を受けると体に負担が少ないのが特徴です。東京の専門クリニックでは子宮口を開いてから、繊細な高い技術を持っている医師が担当をするので、痛みをほとんど感じずに中絶手術を終えることが出来ます。中絶手術は精神的なダメージを受けることが多いため、東京の専門クリニックの医師は精神的なサポートも行っています。東京の専門クリニックでは手術が終わった後は、1、2時間休息を取ることができます。中絶手術を受けた当日は、十分な休息や睡眠を心掛ける必要があります。東京の専門クリニックは女性医師も在籍をしているので、不安や悩みを相談しやすいです。望まない妊娠を避けるためには、性行為を持つ時は必ずコンドームを装着するようにしたり、ピルなどを服用することも大事です。東京の専門クリニックでは手術後のアフターケアも丁寧なので、痛みや出血が見られる時は早めに受診して下さい。東京の専門クリニックでは吸引法を行うことが多いです。

分娩台

女性に寄り添う

東京では、中絶手術を巡って変化が起きています。一部の産婦人科病院の試みですが、中絶を希望する女性の気持ちに寄り添う形が出来上がろうとしています。出術前のカウンセリングや詳しい問診を行うことで、深い悩みの女性の心を救っているのです。

詳しく見る

診察券

妊娠からの期間による違い

中絶手術をしないといけない状態になったら、いくつかの方法で手術を受けます。妊娠の初期の状態では、子宮の内容物を物理的にかきだす方法が一般的です。妊娠中期になると人工的に流産させる方法になり、体への負担が大きくなります。

詳しく見る

診察

時期と同意に気をつけよう

妊娠からの時期によっては中絶ができなくなるほか、本人と相手の同意が必要になるので注意しなければなりません。中絶ができる時期でも方法も費用も異なります。東京で行う際には時期に気を付け、双方の同意も取り付けられるようにしておきましょう。

詳しく見る

看護師

2つの手術方法がある

中絶手術の特徴として、2つの方法が用意されています。ソウハ法と吸引法があり、一般的とされるのはソウハ法になります。吸引法は特殊な場合であったり、医師の出身大学の関係で選ばれるときもあります。どちらでもリスクはほとんど変わりません。

詳しく見る